05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.09/05(Tue)

中国犬大量殺処分☆署名

一ヶ月ほど前、中国雲南省で、狂犬病対策のため、

犬5万匹近くが一斉処分されたというニュース

ご存知の方も多いと思います。

 

私は少し前に、中国に住んでいたこともあって、

ブログ上で読む記事やコメントを複雑な気持ちで拝見し、

自分の考えもまとまらず、

自分で記事にしたり、コメントすることはありませんでした。

 

中国に愛犬と暮らす、中国人や日本人の友人の心中もいかばかりか…

 

ただ、また今度、中国赴任になったら、

絶対にボビィは連れて行かれない。

パパ一人で行ってもらおうと思っていました。

そんな風に漠然と考えていただけでした。

 

myamo32さんのブログから、ショッキングな画像を見て、

やはり、書かなければ、と思いました。

 

この件で、米国の動物愛護団体PeTAが署名活動をしています。

詳しくはmyamo32さんのブログをご覧ください。

myamo32さんも書かれている通り、

最初の2つのリンクにはショッキングな画像が含まれています。

私は、非常に怖かったけど、クリックしました。

クリックしてよかったと思います。

こんなことは絶対起きてはいけないことだと

改めて、はっきり、思えたからです。

 

ショッキングな画像が苦手の方は、署名のページに直接飛んでください。

 

英文の画面右下のほうにメールアドレスと氏名の記入欄があります。

Email: あなたのメールアドレスを入力

 First name: 名前を入力 (例・Hanako)

 Last Name: 名字を入力 (例・Yamada)

        記入が終わったら、「Send this message」をクリック

画面が変わって「Sending your message to:」の

下の一行の右側の「Status」が「Sent」になっていれば、送信終了です。

 

私は息子と二人で、この画像を見て、二人で署名をしてきました。

 

状況は少しずつ良い方向には、向かっているようです。

小さな力が大きな力になって、二度とこんな酷いことが起こりませんように。

一人でも多くの人に署名していただきたいと思っています。

よろしくお願いします m(_ _)m

 

 

----- <追記> -----

 

杏さんから、情報をいただきました。

IFAWでも、署名ができます。寄付も募っています。

http://www.ifaw.org/ifaw/general/default.aspx?oid=474&aid=7212

 

 click-fukidashi-shiro.gif

02:22  |  動物の問題  |  TB(0)  |  CM(16)  |  EDIT  |  Top↑

●署名してきました

本当にむごいよね。
何も言えない・・・
人間の身勝手だよ、こんなの。
どうしていつも犠牲になるのは動物なんだろう。
ももママ | 2006.09.05(火) 10:34 | URL | コメント編集

飼うのも殺すのも人間。
鳥インフルエンザのときも、何万羽もの鳥が処分されてましたよね・・・。
署名しました。
もっと良い方法で狂犬病が予防されますように。
あにゃこ | 2006.09.05(火) 11:29 | URL | コメント編集

この件・私も知っていました
五色の川が流れる中国と皮肉った
中国批判のホームページで見ました。
ショックをうけましたよ。なんて国だと思いましたよ。
でも、経済成長中の中国・・・・国柄・・・・
でもでも、中国をあらゆる方向から見たとしても
殺される犬は、犬は犬。殺される瞬間に何を思ったか?
でもまてよ・・・養豚場の豚達が殺される時は?
人間は生きるために殺生する
でも限度があるし、ワクチンを打つという努力もせずに?
これは今中国が抱える大きな問題だと思いました
署名をおこすことで、中国の若者が根本の問題に気づいて国を変えていってほしいものです。
昔の日本のように。
でもばっかりで長くなっちゃいました・・・
ずっと気になって悩んでいたことなので思わず書いてしまいました。
ふぉくし | 2006.09.05(火) 11:40 | URL | コメント編集

●私も!

このニュース、私も耳にしました
なんか心が痛みます・・・
同じ命に変わりはないのにどうしてだろうって
動物たちは何も悪くないのに。゚(゚´Д`゚)゚。

動物も人間もみんなの素敵な笑顔が少しでも増えるように
自分で出ること少しづつでもしてきたいと
私も賛成し賛同します!!!
mayu | 2006.09.05(火) 11:46 | URL | コメント編集

●・・・

恥ずかしながら、ここでこの記事を読むまでこのニュースを見ていませんでした。
なんてことをするんでしょう。
最近の中国のいろいろな面での成長を見ていて、悲しくなることが多いです。経済的国際的成長を急ぐばかりに、環境問題にしても、何にしても、今まで他の日本も含めて先進国がやってきた過ちをそのまま辿ってきている気がします。
日本だって、他の国だって、いろいろな過ちを犯してきたと思います。中国は他より成長が遅れた分、世界では医学も科学も発展しているんだから、他に方法があることを気づいて欲しいですね。
moroco | 2006.09.05(火) 13:41 | URL | コメント編集

●★ももママさんへ

こんなこと、あるはずない、許されるはずがない、って
心のどこかで考えていました。
もう絶対に起こってほしくない、あってはならないことですよね。
ちえこ | 2006.09.05(火) 15:14 | URL | コメント編集

●★あにゃこさんへ

鳥インフルエンザのときもそうでしたね。
鳥と犬の違いだけ…

1日もはやく、よい方向に向かってほしいです。
ちえこ | 2006.09.05(火) 15:19 | URL | コメント編集

●★ふぉくしさんへ

私も、これ、ニュースで知りました。ショックでした。
でも、中国で、愛犬を可愛がる中国人の友人、人の犬をいとおしく撫でる中国人、みんな私達と変わりませんでした。このショッキングな画像を愛護団体に託したのも、中国の人だといいます。違っているとしたら、政治のやり方。このニュースだけを聞いて、なんて酷い!と中国人批判に走ってしまうのを私は少し恐れていました。こんなことが公然と行われる、中国の抱える問題を、次世代を担う中国の若者が変えていってほしいですね。
こんなことが二度を起こらない、明るい未来に。

屠殺場見学があったら、肉は食べられなくなるでしょう、きっと。
人間は必要以上に殺生をしてるんですよね。
やっぱり、考えがうまく表現できず、文だけ長くなりました(笑)

ちえこ | 2006.09.05(火) 16:05 | URL | コメント編集

●★mayuさんへ

動物はちっとも悪くないんですよね。
ただ生きているだけなのに、悲しすぎます。
なんて人間て罪深い生き物なのだろうと思います。
小さな力でも、束になれば…変える力があると思ぅ今日この頃です。
ちえこ | 2006.09.05(火) 16:10 | URL | コメント編集

●★morocoさんへ

中国はとても発展している部分と、取り残されている部分と両極端という印象でした。日本とは違って、国が大きい、民族がたくさん、ですからね。だから、日本人が忘れてしまった良さもたくさんありました。高度成長に伴うひずみが大きすぎるというのも確かですよね。
こんなことが平然と行われる社会であってほしくないです。
ちえこ | 2006.09.05(火) 16:24 | URL | コメント編集

ちえこさま、はじめまして。
このたびは当記事へのリンクならびにTB、どうもありがとうございました。
実はこちらには以前よりちょこちょことお邪魔しており、ボビィくんや欧州の風景など、いつも楽しく拝見させて頂いておりました。

このニュースを知った時、私は亡くなった祖母から聞かされた、やはり何の罪も無い犬達が多数犠牲となった日本の戦時中の話を思い出しました。状況は違いますが、愛する犬を為す術も無く失ってしまう悲しみは今も昔も変わらないですよね…。
犬達は無論、今中国でそういった立場に置かれている方々の為にも、現在PETAが提示しているシステムが取り入れられ一日も早く軌道に乗ることを切に願っています。(長文失礼致しました;)
myamo | 2006.09.06(水) 00:40 | URL | コメント編集

http://www.ifaw.org/ifaw/general/default.aspx?oid=474&aid=7212
IFAWでも署名募っています。寄付も出来ます。よろしくお願いします。
なにかあったら手っ取り早く処分して終わり、なんてことしない社会になってほしいです、日本も。
杏 | 2006.09.06(水) 01:31 | URL | コメント編集

●★myamoさんへ

こちらこそありがとうございました。
ブログ、見ていて下さったのですか、うれしいような、恥ずかしいような…(笑)

あの画像を見たとき、惨殺される犬以外は、公安の制服も、周りの風景も、住んでいたときと大して変わらない見慣れた風景の中国だったのに愕然としました。
あの場所に、もし自分がいたら…気が狂いそうになる光景です。まだ、愛犬を殺されるのではないかと、恐怖にさらされている人がいるとしたら…
1日もはやく、よい状況に動くよう祈るばかりです。

ちえこ | 2006.09.06(水) 02:35 | URL | コメント編集

●★杏さんへ

こんにちは、情報ありがとうございました。
IFAWの署名に行ってきました。
ブロクに追記しておきますね。
なるべく多くの人に知ってもらい、このようなことが起こらない社会にしたいです。
ちえこ | 2006.09.06(水) 02:48 | URL | コメント編集

●拝見しました。

もちろん、賛同です!
なぜに、この現代社会で、こんな非科学的な対処の仕方になってしまうのかが、不思議でなりません???

Nob | 2006.09.06(水) 17:51 | URL | コメント編集

●★Nobさんへ

ほんとに、あまりに短絡的で、初めは、ウソでしょう?って思いました。
でも、それが現実だったんですね。
一刻も早い解決を願っています。
ちえこ | 2006.09.07(木) 00:37 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://tokimeki706.blog64.fc2.com/tb.php/70-befac352
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。