07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.08/24(Thu)

ワンコと飛行機に乗るときは

 

ボビィ 286 と ちょうすけ kame.gif  は、

私と息子と一緒に、飛行機に乗って、この地にやって来ました。

 

貨物室預かりです。

 

成田から、フランクフルトを経由して、プラハへ。

 

飛行時間は15時間ほどですが、成田で航空会社に預けてから、

プラハ空港で再会するまでは24時間近く経過していました。

 

プラハ空港で、クレートからボビィの元気な鳴き声を聞いたとき、

ホッとしたのを覚えています。

(ちょうすけは2日間ミッシングでしたけど)

 

 

 

 

でも、元気良く出てこなかったら…

 

 

 

あにゃこさんのブログで知った、フレンチブルドッグのビスコ君

JALのペットとおでかけサービスを利用して

熱中症で亡くなりました。

つい先日の話です。

 

 

私は、ペットのいる貨物室は、

客室と空調は同じなのだと理解していました。

航空会社のHPでも、そういったこと書いてありましたし。

 

でも、ビスコ君のブログによると、そうでもないようなのです。

ペットのいる貨物室は、上空で低温になるため、

飛行機が動き出し、離陸するまでの短時間、加温されるようです。

客室と全く同じというわけではないようです。

 

どのような経緯かははっきり分かりませんが、

元気で預けたビスコ君が、

飼い主さんのもとに戻ったときには、熱中症になっていた、という事実。

 

 

他犬種に比べ、フレンチブルドッグは、非常に暑さに弱いのです。

 

ビスコ君、暑かったんだろうと思うと、涙がこみ上げてきます。

 

 

 

 

JALANAは、ペットの機内持ち込みはできません。

外国の航空会社を調べても、機内持ち込みできるのは

ルフトハンザはケージを含めて8kgまで、エールフランス5kgまで。

(注:他社は調べてません)

ボビィは体重11kgですから、貨物室預かり。

 

 

 

 

ビスコ君の記事を読み、

飛行機に乗せるときは細心の注意を払わなければ、と思いました。

できるなのら、乗せないほうがいいのかもしれません。

 

 

 

miniwannko-black-shippo.gifhouse-mini.gif


 

 

成田から、プラハに来たとき、

乗り継ぎ空港のフランクフルトで、航空会社の係員に、

ペットの様子を見に行きますか?と聞かれ、

結構です、と答えた私。

まだクレートを出られないのに、

私の姿を見てボビィが動揺するのも可哀想、と思ったし、

息子は気分が悪い、自分も疲労困憊の状態で、

ボビィは大丈夫と、たかをくくっていました。

 

でも、すごく無責任でした。

今度は絶対、様子を見に行きます。

 

ボビィは、成田で航空会社に預けられ、カートで係員に連れられて行ったあと、

どんな体験をしたのか。

飛行機の貨物室で、どんな風だったのだろう…

 

 

 

ビスコ君のご冥福を心よりお祈りします。

 

フレンチブルドッグのビスコの日記に、コメントを残せなかったため

無断でリンクしています。不都合がありましたら、ご連絡ください。) 

 

  

line.gifline.gif

 

 供血の輪

供血を必要としているワンコがいます

 

02:09  |  動物の問題  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

ビスコ君の日記を見ました
涙が止まりません
夏はほんとに危険なんですね
じゃあ冬はどうなんでしょう・・・

ふぉくし | 2006.08.24(木) 10:15 | URL | コメント編集

●はぁ・・・

日記読んできました。
悲しすぎるよね。
何も言えないよ・・・
ももママ | 2006.08.24(木) 11:53 | URL | コメント編集

●そうなんですか・・・

でも、生き物なのに貨物っていう扱いがそもそも嫌ですね。
呼び方もですが、もっと環境改善を検討してもらう事はできないんでしょうか?
Nob | 2006.08.24(木) 12:53 | URL | コメント編集

ちえこさん、本当にすみませんでした。
催促してしまったみたいに、なってしまいましたね・・・。
これから気を付けます。
あにゃこ | 2006.08.24(木) 15:40 | URL | コメント編集

●★ふぉくしさんへ

プーチン君も、暑さに弱いタイプですよね…
JALのペットの貨物預かりのページに、夏はなるべく避けて、という記載が追加されていました。(この事件があったからかな?)
寒いときも、避けたほうが良さそうですね。
飛行機って、離陸までの時間が急に伸びたりするもの。
これを見ると航空会社も万全を期しているとは思えなくて。
危ない橋は渡らないほうが良さそうです。
到着地の獣医さんもあらかじめ、目星をつけておいたほうがいいですよね。
ちえこ | 2006.08.24(木) 17:42 | URL | コメント編集

●★ももママさんへ

預ける前は、旅行前でかまってもらえない、とふて寝している姿。
うちと同じ元気なフレンチブルだったのに。
二度とこんなことが起こらないように、自分を含め、気軽な気持ちで預けないように、旅行に連れて行く飼い主さんに知らせたいです。
ちえこ | 2006.08.24(木) 18:00 | URL | コメント編集

●★Nobさんへ

預ける前に、確か、ペットに何かあっても、異議を申し立てない…みたいな書類にサインした覚えがあります。
心配なら利用するな、と言われてしまえばそれまでなんですけど、やっぱり、生き物はデリケートだし、死なれたら困る。こういった、サービスを提供するからには、到着地には獣医を常駐させるなど、改善してくれると、死ぬまでにはいたらなかったんじゃないかと思います。
ちえこ | 2006.08.24(木) 18:02 | URL | コメント編集

●★あにゃこさんへ

そんなことないんですよ。
あにゃこさんのところで見て、すごく身につまされて、記事にしたいと思ったんですが、ビスコ君のところにコメント残せないので、どうしたものかな~と思い悩んでたんです。
でも、あにゃこさんのコメントいただいて、書いてもいいかな…と勝手に勇気付けられちゃって。
逆にお礼を言いたいくらい…
このこと、書かないと、自分の気持ちも整理できないくらい、ビスコ君とボビィと重なってしまって。

こんな悲しいこと、二度とないように願ってます。
ちえこ | 2006.08.24(木) 18:10 | URL | コメント編集

●・・・。

ビスコ君の日記読みました。
もう悲しくて、悲しくて・・・。
同じ命なのにもっと対応をきちんと
すべきですよね。
読んでいて悔しくて・・・。
涙が止まりませんでした・・・。

以前、クサガメを飼っていた時の飛行機での
旅行時は必ず受付で「カメ」は温度にとても
デリケートだから1人分払うのでと言って機内に
入れました。
もちろん支払うことはありませんでしたが。

どうしても「貨物」って受け入れられません。

くみん | 2006.08.26(土) 23:39 | URL | コメント編集

●★くみんさんへ

ビスコ君の記事は、読むたびに涙が止まりません。
そして深く考えずに預けた自分を反省しました。
くみんさんのカメさんはクサガメだったんですね。
ちょうすけを連れてこちらに来るとき、JALは受け付けてもらえなかったのでANAできました。でも、客室はダメだといわれました。いろいろあって…ちょうすけはミッシング。プラハにはボビィしか到着しなかったのですよ。泣きそうでした。でも結局見つかって…。2日かかりましたけど。
ペットの命を守ってやれるのはやっぱり飼い主なんですよね。
航空会社も、命を預かるサービスを提供する以上、最善を尽くしてほしいです。
ちえこ | 2006.08.27(日) 08:36 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://tokimeki706.blog64.fc2.com/tb.php/62-dacf618f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。