06月≪ 2007年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.07/31(Tue)

ねこのお話

先日、日本へ一時帰国していたときのできごとです。

デジカメを撮った2匹のねこの忘れられないお話をします。

 

cat_07.gif
 

 

横浜のとある団地の前を歩いていたとき、2匹のねこちゃんを見かけました。

1匹は、団地の建物の下に置かれてバケツの上でお昼寝中75

団地のねこちゃん

近くにいたもう1匹は、警戒するように草の中に隠れて、出てきません。

でも、草の間からつぶらな瞳で、こちらを見ていました。

団地のねこちゃん2

どちらも、トラ柄が印象的な可愛いねこで、息子がデジカメでぱちり。

この団地は犬猫が飼えない所なので、

たぶん、団地に住み着いた野良猫でしょう。

 

それから数日後の夜

同じ団地の前を、今度はで通りかかりました。

 

ちょうど、あのねこちゃんたちを見かけた棟の前あたりにさしかかったとき、

車のヘッドライトに1匹の猫の姿が浮かび上がりました。

なぜか、動こうとしません。

猫のすぐそばに白いビニール袋のようなものが見えました。

(ライトに照らされているのに、なぜ動かない?)

こんなとき、普通、猫はすばやく逃げますよね?

 

運転していた父がブレーキを踏んで、その猫にかなり近づいたとき、

やっと重い腰を上げるように、ゆっくりと去っていきました。

トラ柄の猫でした。

(なぜ、動こうとしなかったのか?)

 

近づいたとき、その意味が分かりました。

猫のそばにあった白いビニール袋。

それはビニール袋じゃなくて、

車に轢かれてぺちゃんこになったもう一匹のトラ柄の猫でした。

ヘッドライトに浮かび上がった猫は、

轢かれた猫のそばに座っていたのです。

 

 

 

 

車が近づいているのに動かなかったのは、

轢かれた仲間(家族)の猫のそばに居たかったからじゃないでしょうか。

もしかしたら、自分も轢かれてしまうかもしれないのに、

ゆっくりゆっくりその場を立ち去ったその猫の重い足どりが、

今でも忘れられません。

動物は、人間が考えている以上に、

ずっと繊細で感情豊かなような気がします。

 

車に轢かれた猫と、そのそばに寄り添っていた猫は、

場所とその体の模様から、

おそらく、上の写真のねこちゃんたちでしょう。

 

 

 cat_07.gif

 

 

昨日、杏さんのブログで読んだ横浜市の猫の処分の話。

横浜では34年間「横浜方式」といわれる「猫引き取り制度」を採っているそうです。

 横浜市へ野良猫を連れて行くと殺処分を委託されている動物病院が紹介され、

そこでで殺処分が行われるという方式です。

獣医師には1匹1万円の委託料(税金)が支払われます。

でも、

野良猫に去勢避妊手術を行えば、猫の繁殖おさえ処分数も削減できます。

避妊手術は不妊手術協力獣医師だと手術費5千円~1万円でできるとか。

昨年獣医師会に支払われた処分費の3300万円のうち、

何割かでも野良猫不妊の助成金として活用すれば、

不幸な子猫も産まれず野良猫も減り、処分数大幅削減につながるそうです。

(詳しくは⇒横浜アニマルファミリー

 

私は、横浜市の方式だと、

生まれてくる猫をただむやみに殺しているように思えてなりません。

 

知能が高く感情豊かな犬猫。

殺処分されることがなくなる日を願っています。

image1914.gif
クリックお願いします♪
  よろしくお願いします♪ 

 

 

y04.gif

奇跡の母子犬

 ペットの喜ぶ顔が見れる!ささみジャーキープレゼント♪

スポンサーサイト
17:57  |  動物の問題  |  TB(1)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。