--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.09/12(Tue)

虹の橋でレオちゃんと…

私は、ボビィを飼うずっと前に、

レオというミニチュアシュナウザーの女の子を飼っていました。

青春を共に過ごしたワンコ。

私にとって、初めて、自分の犬といえるワンコでした。

私が兄と兄弟げんかして、兄が私に手を出そうとすると、

決まって間に入り、阻止してくれた…(笑)

優しい、女の子らしい、ワンコでした。

shunauza-shippo.gif

可愛くて、可愛くて。

 

 


でも。

自分なりには可愛がっていたつもりだったけど、

今、思い出すたびに、後悔の念でいっぱいになります。

ああしてあげればよかった、こうしてあげればよかった、と…

私は、後悔しない(懲りない、とも言う…)オンナなはずなのに。

 

 

レオは、膀胱結石になったことがありました。

膀胱に石ができる病気。

それに気づかず、急に、おトイレを失敗するようになったレオを

私はきつく叱りました。何度も。

レオちゃん、おトイレが近くなって辛かっただろうに…

尿に血が混ざるようになって初めて、病気に気が付いた。

なんていう飼い主でしょう。

 

レオの晩年

私は結婚し、レオを残して実家を出ました。

母はその頃働いていたので、

レオは、1日の大半を独りぼっちで過ごしていました。

年老いて、心臓が弱ってきた彼女のそばに、私はいなかった。

働きながら新婚生活を楽しんでいました。

彼女は13年間の生涯の最後の日、

ソファの上で独りぼっちで逝きました。

外出から帰ってきた母が、

ソファの上で眠るように亡くなっている気が付いたのです。

寂しかったよね…

 

群れで行動する習性のある犬は、孤独であることが最も辛いことなのに。

 

犬の十戒を読むと、胸が詰まって涙が込みあげます。

ごめんね。 ひどいよね。

 

何度謝っても、もう遅いのに、

あれもこれもと、してやれなかったことが、山のようで、

ただ、ただ後悔するばかりです。

 

せめて、ボビィには、自分が後悔しないように、

最善を尽くしてやりたい気持ち。

 

虹の橋 485 で、またいつか、レオちゃんに会えるのか…?

昨晩から、なぜか、妙にレオが思い出されて仕方がないのです。 

 

 shunauza-kubikashige.gif


 

line-kurosu2s-mizuiro.gif

 

click-shita.gif

 

  click-fukidashi-shiro.gif

スポンサーサイト
23:05  |  わんこ  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。